BiljaST / Pixabay

言わずと知れたTOEIC、日本では英語力を証明する尺度としてナンバーワンの地位を占めるようになりました。英検がすっかり霞んでしまった様子です。

会社内で海外部門担当者にTOEICスコア800点以上を課したり、中には楽天のように全社員に800点以上を求める会社も出てきています。

TOEICスコアを向上させるのが出世の必須アイテムとなっている人にとってみれば、少ない時間でいかに効率的にスコアを上げるかが大切なポイントになります。

文法

英語にかぎらず、外国語を仕事に使えるレベルまでマスターするには、文法をしっかりと勉強して、基礎を固めることが重要です。

会話する際に、”現在・過去・未来”がごっちゃになっていたら、それこそ意味不明な会話になります。

三人称単数現在の”S”をつけるとつけないとでは、だいぶ印象もかわります。

中学の英語をまずはしっかりと押さえて、自由自在に使えるレベルにしておくことが大切です。

日常会話をアップさせるには、それ専用の勉強方法がありますが、TOEICのスコアをアップさせるにはやはりそれ専用の勉強が必要です。

TOEICもペーパーテストですので、出題傾向・言い回し・単語に特徴があります。TOEICに合わせた勉強が必要です。

TOEICに合わせた文法をどうやって勉強するかですが、オススメはこの本です。

この2冊を、何度も何度も繰り返して、中に使われる英単語もすべて覚える勢いで勉強します。

それが終わればPART7の問題演習。オススメはこのシリーズです。

 

まずは文法です。文法をマスターすれば、おのずからPART7のスコアアップももちろん、そのほかのPARTも伸びてきます。

 

(つづく)

 

Pocket