横浜入管は金沢区鳥浜というとても遠いところにあります。

横浜の中心はやはり関内・石川町、神奈川県庁や横浜市役所はこの界隈にあります。

しかし、横浜入管の最寄り駅は根岸線の新杉田。新杉田は石川町から根岸線で4駅(10分)のところにあります。さらに新杉田からバスで15分くらい揺られてやっと横浜入管にたどりつきます。

 

新杉田駅を降りたらバス停までは親切な案内板が各所にあります。迷うことはないでしょう。

バスは平日の日中の時間は1時間に3本。横浜入管に行く人がそれだけ少ないという事と思います。

 

横浜入管は申請と受け取りの2カウンターで、品川入管に比べたらこじんまりしています。

建物の2階にカウンターがあり、1階にはミニストップがあります。ここで収入印紙を買うことができます。また証明写真マシンも置いてあります。

横浜入管は比較的空いていて、通常でも30分程度待てば順番が回ってきます。雨が降れば外国人の方の出足が鈍るので、さらに空いてきます。順番待ちが1~2人ということもあります。

横浜入管の管轄は神奈川県のみ。神奈川県に住所のある外国人の方の用件ならば、わざわざ品川に行かなくても横浜に行った方が待ち時間が少なくて済みます。場所が遠いのがネックですが。

 

Pocket